「すごいマザコンなんですよね」しょこたんが語る母親との関係。

2008/04/24 14:27 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブロガーとしてだけでなく、いまやタレントや歌手としてトップ級の活躍を見せる中川翔子。今年は1月から放送された深夜アニメ「墓場鬼太郎」のエンディングテーマと声優に挑戦し、5月からは初のコンサート「貪欲☆まつり」も始まるなど、ますますの活躍が続いているなりが、そんな中川翔子が現在発売中の「SPA!」(扶桑社)のインタビューに答え、母親との関係などについて語っているなりよ。

「自分と母の関係がすごく好きなんです」
「たまに母と一緒に寝てるんです。でも全然平気で」
「お休みでも、友達より母と出かけてショッピングしたりしますし。私、すごいマザコンなんですよね」
「自分も産むならやっぱり女の子がいいなぁ」
※いずれも「SPA!」より

「しょこたんぶろぐ」にもよく実名で登場するので、中川翔子の母親「桂子」はファンにはすっかりおなじみの存在。例えば最近では、香港旅行から帰宅した母親について「桂子がかえってキタ━━━━(゜∀゜)━━━━━キタ━━━━(゜∀゜)━━━━━いつ旅立ちいつ帰るか知らなかったからびっくりした(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)━━━━━━━━━━アァララララララァア(゜Д゜)香港うらやましい(・ω・#)エンジョイしやがって(・ω・#)」(4月20日)、自ら腕を振るった煮魚に関する話題の中では「桂子が絶対たべないやだといいはるから無理矢理口こじあけ入れたら、うまいじゃないかといった(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)━━━━━━━━━━」(4月23日)と、非常に仲の良さそうな雰囲気が伝わってくるなりよ。インタビューにあるとおり、「すごく好き」だということが、ビンビンに伝わってくるなりね。

中川翔子がこうした「マザコン」になったのは、父親の中川勝彦が9歳の時に亡くなり、以来、母親が女手一つで育ててくれたことに対する感謝の気持ちも影響しているそう。そして「激しくケンカもするけど、やっぱり楽しくて」(SPA!より)と、楽しいことのほうが多いようなり。

ブログに登場する「桂子」のキャラクターと、中川翔子とのやり取りは微笑ましく、この親にしてこの子あり、と納得できることも多々。また、たびたび登場する祖母の「栄子」も含めて、女3人の非常に楽しい関係性を見ることができるなりね。「桂子」や「栄子」に注目しながら「しょこたんぶろぐ」を読むのも、なかなか面白いものなり。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.