ジュビロ磐田の菊地直哉選手が逮捕、高1少女への淫行容疑で。

2007/06/13 21:02 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


現在7勝7敗、勝点21で9位につけているJ1のジュビロ磐田。今月16日に日産スタジアムで行われる横浜FC戦に向けて、「KAZU VS GON」という39歳の中山雅史選手と40歳の三浦知良選手の対戦色を前面に押し出したチラシを配布するなど、絶好調でないものの盛り上がりをみせているのだ。

しかし、そんなジュビロ磐田に衝撃が走るようなニュースが伝えられた。今季14試合中13試合に出場し中心選手として活躍しているMFの菊地直哉選手が、15歳の女子高生への淫行の疑いで警察に逮捕されたというのだ。

調べによると、菊地選手は5月下旬に本拠地の静岡県磐田市から近い浜松市内の路上で、自転車で下校中だった高校1年生の女子生徒に道を聞くふりをして声をかけ、乗っていた乗用車へと誘って車内でみだらな行為をしたとのこと。しかも、女子生徒が拒否したにもかかわらず一方的に約1万円を手渡したそうなのだ。

事件の夜に女子生徒が友人と静岡県警浜松中央署を訪れ、被害届を提出。女子生徒はジュビロ磐田の選手だったことに気付いていなかったようだけど、自転車のカゴに菊地選手が免許証の入った財布を置き忘れていたことから発覚し、逮捕に至ったのだ。

菊地選手は事件後も試合に出場し、ヴァンフォーレ甲府戦では今季初得点。しかし、制服を着ていたため被害者が18歳未満であることは分かっていたようで、「ばれたら選手生命が終わってしまうと心配していた」「いつばれるかどきどきしていた」とコメントしている。このことから、ネットでは早くも「ドキドキ王子」というあだ名まで付けられているのだ。

主力選手の逮捕に驚いたジュビロ磐田は、ヤマハスタジアムで右近弘社長ら急遽記者会見を行い、公式サイトにもお詫びを掲載。〈本来青少年の手本となるべきプロスポーツ選手を育てる立場でありながら、選手への教育指導がまだまだ不十分で今回の事件を発生させてしまった事について、クラブとして、また社長として深く反省し、責任を痛感しております。〉と陳謝し、菊地選手の処分については捜査の進行をみて厳正な態度で臨み、「刑事罰となれば解雇は当然」(日刊スポーツより)としているのだ。

また、菊地選手は2004年のアテネ五輪にも参加した元日本代表選手でもある。北京五輪アジア最終予選の組み合わせアジア・チャンピオンズリーグ準々決勝の組み合わせが発表された当日の逮捕、各界に与える影響は少なくなさそう。甲府戦のイエローカードに続いて、選手としてレッドカードを出された菊地選手。事件に対してだけでなく、被害者の女子生徒に対しても十分に反省してもらいたいのだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.