オヤジロックを着うたフルで、洋楽旧譜専門サイト「RHINOモバイル」。

2007/04/17 14:01 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


携帯電話の普及によって、若い人だけでなく中高年も着メロや着うたをダウンロードする人が増えているという。ぼくの母(56歳、熱狂的なビートルズ・ファンだった)も、着信音はビートルズの楽曲のオンパレード。電話とメールで分けているだけでなく、かかってくる相手によっても違う曲が流れるようにしているのだ。

その母が先日相談してきた。「ビートルズの着うたが欲しい。どこで落とせばいいの?」。ビートルズの楽曲は、着うたはおろか音楽配信自体していないことを伝えると、ガッカリした様子だ。やはり、着メロより着うたが欲しいのだという。そこで、母のレコード・コレクションにモンキーズがあったことを思い出し、「モンキーズとかならあるよ」と教えると元気を取り戻してくれた。

母に教えたのは、ワーナーミュージック・ジャパンが2月5日に立ち上げた着うたサイト「RHINOモバイル」(http://rhino.wmg.jp/)。いわゆる「オヤジロック」に該当する洋楽旧譜の着うた専門サイトなのだ。これまでの着うたサイトは洋楽も邦楽も新譜が中心となっており、「カタログ」と呼ばれる洋楽旧譜は探すのもひと苦労。母もそうだったのだけど、ある程度検索してあきらめる人が多かったようなのだ。

「RHINOモバイル」は洋楽旧譜だけを集めているため、目的の曲を探すついでに発見した思い出の曲を購入することもできる。現在はモンキーズやドゥービー・ブラザーズ、シカゴ、ベン・E・キングなどのほか、ぼくの大好きなラモーンズも配信中。リアルタイムを過ごした世代だけでなく、この時代の曲が好きな若い人にもオススメなのだ。

フラッシュを使っているので、ジャケット表示から探すこと可能なのだ。さらに、充実した読み物も特徴で、特集や楽曲コメントは、音楽評論家の天辰保文、北中正和、吉成伸幸の3氏が執筆・監修。重鎮3人のコラムは、オヤジロック世代でも満足できるものではないだろうか。

このほか、ジャケットを表示したアーティスト特集(毎月更新)、おなじみの洋楽着うたを特集する「SONGS YOU KNOW」(2週おきに更新)、印象的なジャケットをピックアップする「ジャケットYOU KNOW」(2週おきに更新)などなど、特集も大充実。単なる着うたをダウンロードする場所ではなく、訪れることが楽しみになりそうなサイトになっているのだ。

料金は、1曲105円(100ポイント)で、月額315円コース(300ポイント)と月額525円コース(550ポイント)も用意されている。また、4月16日からは着うたフルも配信しており、そちらは1曲315円(300ポイント)、月額525円コース(550ポイント)。ポイントは、2カ月間繰り越せるのだ。

と、この辺まで母に説明して、ハタと気付いた。このサービスは、現在のところNTTドコモにしか行っていない。母はauを使用しているのだ。auとソフトバンクモバイルは着うた、着うたフルともに5月ごろにサービス開始を予定しているので、この2キャリアを使っている人はもうしばらくお待ちを。その頃には、レッド・ツェッペリンやヴァン・ヘイレンなんかも配信されるかな。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.