ネットワークビジネスに傾倒、globeのマーク・パンサーのいま。

2007/03/12 16:40 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


globeのラップおよび作詞・作曲担当として活動する傍ら、最近は友人と245(ニヨンゴ)を結成し、逆にglobeに楽曲提供も行っているマーク・パンサー。2003年に東京から石垣島に移住、オーシャンビュー&プール付きの1,000坪の豪邸で悠々と暮らしている姿は、たまにメディアで紹介されているのでご存じの人も多いと思うなり。音楽の仕事のときだけ上京する生活スタイルで、月の半分は石垣島で過ごしているようなりよ。

そんなマーク・パンサーがいま、音楽活動とは別の場所で話題となっているなり。「株式会社MARC-2」という、健康食品を扱うネットワークビジネス企業の副社長となり、営業活動を展開しているなりよ。怪しい、怪しくないの判断は見た人の判断に委ねるなりが、「MARC-2」のホームページに掲載されている文言を読む限りでは、個人的には……。(この先を読むも読まないも、自己責任でお願いしますなり)

同社が扱っている製品は「アンデス アズ ジュース」なる健康ドリンク。「インカの時代から珍重」(同社ホームページより)されていたというマイス・モラードなる紫トウモロコシと、「コエンザイムQ10に継ぐ次世代素材として脚光を浴びつつある」(同)というアスタキサンチン、そしてαリポ酸などの健康成分を配合しているなりね。それぞれのモノ自体は特に怪しいものではないようなりよ。

少し怪しさが漂っているのは、同社ホームページ内にある「マークが語る Why MLM?」のコーナー。「MLM」とは「マルチ・レベル・マーケティング」の略で、法律的には認められている商売の方法なりが、悪質なMLMはいわゆる「マルチ商法」と呼ばれ、ねずみ講とともに「詐欺」のイメージが常に付きまとうなりよね。合法的に活動している「MLM」もあるため、決してすべてがすべて怪しいわけではないなりが、有名人を広告塔に使って顧客を増やすのも多いパターン。「MARC-2」の是非はともかく、マーク・パンサーがそういった業界に足を踏み入れているのは確かなりよ。

「マークが語る Why MLM?」のコーナーでは、マーク・パンサーが「MLMは怪しくない」ことを強調しながら説明。Q&A形式のやり取りから、一部を抜粋しておくなり。

◎「マークが語る Why MLM?」(一部抜粋)
Q.MLMって危ないんじゃないの?
A.なんで? 危なくないよ 
Q.なんで? だってマルチレベルマーケティングということはマルチ商法なんでしょ?
A.違うよ。全然違うよ。
Q.じゃあ、ある程度の収入の目安を教えてよ。
A.あー、そういう入りかたが一番危険なような気がする。でもこのビジネスは自分の努力が一番反映されるビジネスだと思っている。

といった問答が延々と続いているなりよ。まあよくあるステレオタイプ的な問答ではあるなりが、この口調がまた怪しく感じる人は少なくないと思うなり。

ちなみに、マーク・パンサーはglobeの公式ページでも、昨年10月31日に次のような日記を掲載。ネットワークビジネスへの、かなりの傾倒ぶりが伺えるなりね。

globe公式ページより
「健康馬鹿すぎな俺が最近ジュースを開発した!!! ANDES AZ JUICEだ!!! 今は小売では売っていない!ネットワークでひろめている!!! 夢は全ての家庭の冷蔵庫の牛乳や野菜ジュースに変わってくれることだ!」
「向こう(=米国)ではサプリはもう古くて、どっちかというとエナジードリンクなどジュースがはやっていたんだ!!! 一杯のジュースでサプリとかでえられるビタミンなどを飲んでしまう! めちゃめちゃ楽で、そのうえうまい!!! それも、販売の仕方がネットワークだ!!! アメリカってすげーなぁ〜ってつくづく思った! これだ!!! と思い、日本に持ち帰り!」

この異常な「!」の羅列からも、興奮ぶりが伝わってくるなりよね……。もっと普通に語っていれば、もう少し「怪しさ」が薄れるのに。

かつてはglobeで一時代を築いたマーク・パンサーが傾倒するネットワークビジネス。皆さんはどう思うなりか?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.