クオリティの低下を招くハリウッド映画の「シリーズ作品」。

2006/03/01 12:08 Written by Maki K Wall@駐米特派員

このエントリーをはてなブックマークに追加


ここ数年で皆さんがご覧になった映画を数本思い浮かべてください。その中でシリーズものの作品は一体いくつあったでしょう。「ハリー・ポッター」、「ロード・オブ・ザ・リング」、「シュレック」、「スパイダーマン」……。この他にも数えれば限りないほど最近のハリウッド業界は「続編」の製作に躍起になっている感が。確かにここ1ヶ月ほどの北米映画興行の結果を見ても「ビッグ・ママス・ハウス」や「アンダーワールド」など、それぞれの続編が初登場でヒットを飛ばし、低迷中の映画業界において収入増加に貢献していることは数字でもハッキリと出ています。

しかしながらこの相次ぐ続編製作に対して懸念する人々がいることも事実。とある作品の人気をそのまま再利用、言葉を悪くしていえば「二番煎じ」にしてシリーズ作品を作るだけでは、結果的にハリウッド映画界全体の品質低下を引き起こすのではないかと否定的な声が出ているのです。実際今までのアカデミー賞の受賞作品にシリーズ物が選ばれたことは極端に少なく、例外として「ロード・オブ・ザ・リング」など数えられる程度。

それでもオリジナルな作品で勝負して失敗するよりは、少しでも過去の成功をリサイクルした方が採算に合うということなのでしょうか。実際、最近ウォール真木が「ここまでするかぁ?」と驚いたのが、かのディズニー・アニメの名作「バンビ」が60年の時間を経て「バンビ2」をDVD発売したこと。

確かにディズニーのアニメーションはお約束のように、劇場用が公開されて数年するとビデオかDVDで、同じキャラクターやその子供たちが登場する「2」が販売されています。「リトル・マーメイド」なんかがその例ですね。それにしても「バンビ」はアニメでは名作中の名作。正直それ一本で完結にしてほしかった……。

この続編モノの映画情報を集めた http://www.sequelogue.com では今後リリース予定の続編映画をリストアップしているます。どのような作品があるのか、ぜひチェックしてみてください。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.