アジアサッカー連盟公式サイトに日本語版登場。

2005/05/09 04:18 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


アジアの45か国が加盟するアジアサッカー連盟(AFC、モハメド・ビン・ハマム会長)。同連盟の公式サイトは、これまで英語、アラビア語、中国語の3か国語だけだったのだけれど、8日から日本語、ヒンディー語、ロシア語が加わることになったのだ。

公式サイトへのアクセスは月平均370万件で、このうち20%が日本からというから、これまで日本語版がなかったことのほうが不思議なのだ。日本からのアクセス数増加の背景にW杯予選やアジアチャンピオンズリーグを挙げているけど、もっと前から割合は高かったのではないだろうか。6月からは週1回発行のホームページ限定マガジンも創刊するのだとか。

AFCといえば、アジアカップやアジアチャンピオンズリーグなどを主催する組織なのだけれど、アジアにおける女子サッカーやフットサルも統括しているのだそう。国際サッカー連盟(FIFA)の下部組織とは明記してないものの、理事会にはハマム会長を含め、FIFA副会長のチョン・モンジュン氏らFIFA理事数人の名前が挙がっているのだ。

公式サイトでは、昨年のAFCが主催する賞で、日本が最優秀代表チーム、最優秀女子チーム、最優秀フットサルチームなどでノミネートされ、最優秀代表チームと最優秀女子プレーヤー(澤穂希選手)を受賞していることがで確認できるのだ。

そのほか、「ファンクラブ」の項目では、壁紙のダウンロード(これはちょっと微妙…)やコンテスト(要登録)などのコンテンツがあり、コンテストは毎月クイズが出題され、優秀者には年間アジア最優秀サポーター賞が贈られるのだ。賞品は、

 特賞:2005年AFCアワーズガーラへの無料招待、年間最優秀プレーヤー賞受賞者に会える旅(1名)
 1等:アジアチャンピオンズリーグMVP選手のサイン入りゲームシャツ(1名)
 2等:AFC公式本「ザ・パワー・オブ・ドリームス」(10名)

と、年間を通してやらされる割にはあまりぱっとしないもの(失礼)だけど、登録するだけで無料で参加できるので、興味のある人はぜひ。登録の締め切りは11月15日とのこと。

ちなみにAFCは、日本、中国、台湾、グアム、香港、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)、韓国、マカオ、モンゴルのサッカー協会が加盟する東アジアサッカー連盟(EAFC)とは別組織。こちらの公式サイトは、なぜか日本語版と英語版しかないのだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.