「水曜どうでしょう ジャングルリベンジ」のネット配信開始。

2005/02/11 13:44 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


もうすっかり「ローカルの星」から全国区の人気者となっている大泉洋と、彼を世に知らしめるきっかけとなった北海道テレビ放送のローカル番組「水曜どうでしょう」。さすがにこれだけ各種媒体への露出が増えていると、誰でもその存在を認知しているものと思ってしまうなりが、コ○助の周囲(特に同世代からやや上の年代)への浸透度はまだまだのようで、「大泉洋? 水曜どうでしょう??」と真顔で返してくる人が多いなりね(笑)。Narinari.comでも何度か関連する話題を提供しているので、もうそろそろ必要ないかなと思いつつも、まだまだプロパガンダが足りていないと思う節もあるので、久しぶりに「水曜どうでしょう」の話題を振ってみるなり。

その前に、念のため「水曜どうでしょう」について簡単におさらいを。「水曜どうでしょう」は1996年10月から北海道テレビ放送で毎週水曜23時15分から放送されていた番組で、水曜日に放送されていたから「水曜どうでしょう」。番組の内容は主に出演者の大泉洋と鈴井貴之(通称ミスター)の2人に、同行するディレクター2人(嬉野雅道、藤村忠寿)を加えた計4人が日本や海外を、いろいろな企画を織り交ぜながら旅していくというもの。大泉洋の天性の魅力と、出演者を粗末に扱うディレクターとのやり取りが絶妙で、腹を抱えながら笑える内容となっているなりよ。旅モノというと「電波少年」を思い出すなりが、それともちょっと違う感じなり。

そんな「水曜どうでしょう」は全国ネットでの放送は無いなりが、各地の地方局で次々と放送され始め、今やほぼ全国ネットのような状態。東北から沖縄まで各地で視聴することができるなりね。詳しくは「水曜どうでしょう」のファンサイトである「どうでしょうリミックス」にある放送局一覧を参照して欲しいなりが、コ○助が住む東京では、神奈川テレビ、テレビ埼玉、群馬テレビ、ちばテレビ、とちぎテレビなどが受信できるエリアならば、過去の放送を再編集した「どうでしょうリターンズ」を見ることができるなり。

ちなみに、昨年9月に東京・新宿の伊勢丹で北海道物産展「秋の大北海道展」が開催され、そこに「水曜どうでしょう」のグッズ販売コーナーが設置されたなりが、DVDや各種グッズを買い求めるファンが殺到し、恐ろしいほどの行列ができたという伝説もあるなり。また、DVDはローソンの「Loppi」などで予約期間を区切って販売しているなりが、これも飛ぶように売れているなりよ。すでに本放送はとっくに終了している「水曜どうでしょう」なりが、まだまだ人気は続きそうなりね。

さて、簡単な説明ではなくなってしまったなりが、そろそろ今日の本題に。1998年に放送された「マレーシアジャングル探検」の舞台となった地を再訪するため、ジャングルにもう一度潜入するという企画で制作された「ジャングルリベンジ」が、インプレスの動画配信サイト「impress TV」で3月から配信されることになったなり。

「ジャングルリベンジ」はコ○助もテレビ朝日で放送された去年7月にテレビにかじりついて見たなりが、いやはや、面白かったなりよ(笑)。録画して何回か見たなりが、何度見ても面白いなりねぇ。まだ「水曜どうでしょう」を見たことが無いという人でも、きっと楽しめるはず。「impress TV」では過去の「水曜どうでしょう」の配信も行っているので、まだ「水曜どうでしょう」未体験の人は、ぜひこの世界に足を踏み入れてみて下さいなり。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.