塀の中のマーサ・スチュワート、テレビ番組出演の契約。

2005/02/04 14:11 Written by Maki K Wall@駐米特派員

このエントリーをはてなブックマークに追加


"You are fired!"

このセリフが昨年頃からアメリカで流行っています。このブームの発端は、不動産ビジネスで巨額の富を築き上げた実業家、ドナルド・トランプ氏が制作・出演している "The Apprentice"(「見習い社員」)という番組。以前ウォール真木が過去コラム「ドナルド・トランプがプロデュースしたリアリティ番組が大当たり」でもご紹介しましたので、ご記憶の方もいらっしゃるかと……。

このリアリティー・ショーでは、ドナルド氏が実業家を目指すキャリア志向の若者を集めて、毎週いろいろなビジネス・プロジェクトに挑戦させます。毎回1人づつが脱落者として解雇されるのですが、その時に彼がいう言葉が、冒頭に出てきた一言です。"You are fired!"、すなわち「お前、クビ!」ってワケで。

で、このドナルド氏。なんとこの看板番組の暖簾分けをすることにしたそうです。"Apprentice: Martha Stewart"と名付けられた新番組は、ドナルド氏がボスとなる代わりに、あの(元)カリスマ主婦のマーサ・スチュワートがメインキャラとして登場します。料理や家事の楽しみをアメリカの主婦に再認識させたあの超スーパー・ハウス・ワイフが、見習い社員の参加者をびしばし鍛えるのだとか。

しかしマーサ女史といえば、たった今ウエストバージニアにある刑務所に服役中。インサイダー取引に関与したとして有罪になった為、今年の3月まで塀の中の人です。自分で美しくデコレーションした豪邸での生活からはかけ離れた監獄の中で、一体どうやって生活しているのでしょうねぇ。

しかし受刑者となった身でも、そのカリスマ性は失われていないらしく、本の執筆やテレビの出演依頼などが次々に舞い込んで来るのだとか。つくづく凄いおばさんだ(笑)。そんな中でこの"Apprentice"出演の決定も、まあ決まってみればこれ以上の適役もいないなぁと思ってしまったり(笑)。

マーサ版"You are fired!"の放送開始の時期は、残念ながらまだ未定。ウォール真木としてはちょっと楽しみなので、何かわかり次第またお伝えしますね。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.