歌舞伎俳優の中村七之助が警官を殴打、現行犯逮捕。

2005/01/30 21:20 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


またなんてバカなことを……というニュースだが、歌舞伎俳優の中村七之助が酒に酔った勢いで警官の顔を殴り、公務執行妨害の疑いで逮捕されてしまった。中村七之助は同じく歌舞伎俳優の中村勘九郎の二男。小さい頃から兄・中村勘太郎と共に、中村勘九郎に叱責され、涙を流しながら舞台稽古に励む姿などがドキュメンタリーとしてテレビ放送されていた、あの中村七之助だ。

事件の経緯を簡単にまとめると。29日夜に東京都内のホテルで行われた中村勘九郎の「十八代目中村勘三郎襲名を祝う会」に出席した中村七之助は、パーティー終了後に友人たちと飲食。泥酔したままタクシーに乗り込み、自宅へと向かったが、事も有ろうにタクシー運賃を支払わずに下車してしまったという。その金額は数千円程度だったとか。

そのため、タクシーの運転手が交番に駆け込み「料金でトラブルになった。客を捕まえてくれ」と通報。警官が現場に駆けつけたところ、中村七之助が小走りで現場を立ち去ろうとしていたため、取り押さえようと腕を掴んだら振り向きざまに警官の顔に一発入ったという。

中村七之助は1983年生まれの21歳。NHKの大河ドラマ「武田信玄」や「元禄繚乱」などに出演した経歴を持ち、昨年ヒットした映画「ラストサムライ」では明治天皇役で出演し、ハリウッドデビューも果たした。最近は上戸彩主演の「インストール」、宮藤官九郎の初監督作品として話題となっている「真夜中の弥次さん喜多さん」にも出演。歌舞伎の世界のみならず、映画界からも注目を集める若手俳優だ。

今回の一件を受けて、父親の中村勘九郎が記者会見を開き、「甘やかして育てたつもりはなかったが、こんなにばかだとは思いませんでした。本当におわび申し上げます」と沈痛な面持ちで謝罪。とりあえず2月は活動を自粛、3月以降については未定という謹慎のスケジュールも明らかにした。

活動自粛が長引けば、今春公開される「真夜中の弥次さん喜多さん」のプロモーションにも影響してきそう。この作品ではTOKIOの長瀬智也とダブル主演のようなかたちで、宮藤官九郎も「男らしさのある長瀬くんと、何をやっても品のある七之助くん、この二人以上のキャストがあったら教えて欲しい」と絶賛していたほど。それだけに、プロモーションに参加できないようなことになったら、痛いことになりそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.