京セラ製「AH-K3001V」開発者インタビュー。

2004/05/31 18:50 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


発売以降、依然として人気の衰えを見せないDDIポケットの京セラ製端末「AH-K3001V」。てきれつが「AH-K3001V」を使用しているので使用感などをよく聞くなりが、「いいよ〜いいよ〜」を連呼(笑)。実際、ネットでの評判を見ても不満の声はほとんど聞かれず、賛辞のオンパレードなりね。

たびたび言われることではあるなりが、「AH-K3001V」単体でパソコンと同じホームページを見られるのは相当な武器になるようで、「ちょっと調べ事するのに検索エンジンがサクッと使える」「ニュースを知りたいときにパソコンで見るのと同様のサイトをチェックできる」といった点が、もの凄く外出先でのストレスを低減させてくれるというなり。ほんと、良さそうなりよねぇ。

そんなDDIポケットの音声端末ユーザーのみならず、各方面から絶賛を浴びている「AH-K3001V」の商品企画や端末デザインを担当した京セラの開発者へのインタビュー記事がインプレスに掲載されていたのでご紹介を。

「『AH-K3001V』の元となる、新端末の検討がスタートしたのは、2002年も終わりに近づいた頃」
「(Opera搭載は)最初から決まっていました。大きなコンセプトとして、限られた携帯電話やPHS向けの世界から、ユーザーをもっと広い世界に連れ出したかったんです」
「社内でもSDカードスロットを搭載すべきかどうかという点が議論になりました。商品企画の立場としては、今回の目玉は“Opera”。SDカードスロットは次にしようと説得しました」
「(点数を付けるとすれば)120点というところでしょうか。良くできたと本当に思います。先にも述べましたが、できる範囲の中でベストを尽くせた」
「(次機種の)開発はスタートしています。(Opera搭載という)この路線は踏襲していくでしょうが、どう拡張していくのか。これから取捨選択していくことになるでしょう」

ボリューム満点のインタビュー記事なので、既にユーザーの人も、購入を検討しているもぜひ。コ○助も、もう一回線増やしてでも持つべきか否か……。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.