【Zatoichi】がアメリカ国内で公開。その前評判とは。

2004/05/13 15:29 Written by Maki K Wall@駐米特派員

このエントリーをはてなブックマークに追加


Rotten Tomatoes (http://www.rottentomatoes.com/)と言うアメリカのウェブサイトをご存知ですか?

『腐ったトマト』と言う意味のこのサイト、別に野菜についてがコンテンツではなく…。実は映画・DVDについてのデータベース及び、そのレビュー・評論コメントの提供元なんです。現在、登録されている映画の数は10万以上とかで、かなりの情報量を誇っています。

過去のタイトルのみならず、近日公開予定の映画もカバー。どこよりも早く、複数の評論家によるコメントを公開しているのがウリのようです。単に週末に観る映画を選ぶ人にも、かなりのムービー・マニアにも好評なのだとか。

さて、この Rotten Tomatoes。映画の良し悪しを『トマトメーター』と言う指標で表しています。これは評論家のコメントや一般読者からの特定の映画への反応を、グラフ表示し、50を平均とし、その指数が60以上なら『フレッシュな』トマトで、観る価値アリの良い映画。それ以下なら『腐った』トマトで、オススメ出来ない…と言うことなんだそうです。

さて来月6月4日からニューヨークとロス・アンゼルスにて公開予定の北野たけし監督による『Zatoichi』。既にこの Rotten Tomatoes でも評価指数が出ております。気になる結果はなんと指数【82】で堂々の『フレッシュトマト』。コメントの一部を紹介しますと

「アクション、コメディ、ミュージカル…。どう受け取ってもTakeshiの『Zatoichi』は ROCKしている(「素晴らしい」の意)」

「Kitanoによる、侍バージョンの『ゾロ』は躍動的でビートが利いている」

「メランコリーであり、バイオレントであり…。『Zatoichi』はKitanoカラーの映画でありながら、Samurai映画と言うジャンルには、敬意を表している」

などなど。

全米公開でないのが惜しいのですが、過去にも邦画の『Shall We ダンス?』などが一部地域公開で評判を呼び、その後アメリカ中の映画館で上映された事もあるので、もしかしたらこの『Zatoichi』もセントルイスで公開される日が来るかもしれませんね〜。

あ、そういえば『Sall We ダンス?』はハリウッドのリメーク版が近日公開でしたね。ですがこっちの映画の話は、また折を見て…。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.