近日公開のハリウッド映画 IN アメリカ 【その壱】。

2004/04/28 11:36 Written by Maki K Wall@駐米特派員

このエントリーをはてなブックマークに追加


アメリカでは5月に入った頃から8月いっぱいまで、夏休み期間に合わせた映画の公開が相次ぎます。クリスマス・シーズンと並んでいろいろ大作の揃うこの季節。日本公開前の話題作をちょこっと紹介してみましょう〜。

まず続編モノで一番の話題といえば【シュレック 2】(http://www.shrek2.com/)。

一作目では最後シュレック(声:マイク・マイヤーズ)とフィオナ(声:キャメロン・ディアス)が結婚式を挙げてハッピーエンドとなったんですが。両親に旦那様を紹介しようとフィオナがシュレックを実家のお城に連れて行ったところ、パパとママが結婚に大反対!新婚気分もぶっ飛んでてんやわんやのストーリーだそうな。

今回もキャラクターの声を担当するのは大物俳優ばかり。主人公の2人の声優だけに限らず、ロバのエディー・マーフィー、フィオナのお母さんがジュリー・アンドリュース(『サウンド・オブ・ミュージック』)、長靴を履いた猫がアントニオ・バンデラス…など。今回も話題性たっぷりな顔ぶれですねぇー。

【Shrek 2】の米国公開は5月21日。こういった子供向けの映画が公開される時は、お決まりのようにシリアルやチョコレート、その他スーパーに並ぶ食品のいくつかがそのキャラクター仕立てになります。すでにパッケージがシュレックで、中身が緑色のポップコーンとかが登場してるのがなんかほほえましいかと(笑)。

予告編を覗いてみると、相変わらずノリノリの音楽がサウンドトラックになっていて楽しそうです。こういう子供も大人も楽しめる映画作る人達って頭良いんだろうなぁ。尊敬。

さて、今日はもうひとつ。コメディー作品で話題となっている映画。もうアメリカでは公開が始まっちゃったのですが、まあ話題なので後生界を。どの映画化と言うとジェニファー・ガーナー主演のロマンチック・コメディー【13 Going On 30】(http://www.sonypictures.com/movies/13goingon30/)。

彼女のことは既に日本公開済みの映画【ディア・デビル】【キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン】などに出演しているのでご存知の方も多いかと思います・

アメリカでは全米ネットワークのABCが放映して人気を呼んだ【エイリアス −Alias−】の主役ってのが彼女の一般的な認識。ダブル・スパイ役なんですが、顔はスウィーティ系なのにまあ、よく過激なアクションをこなすこと、こなすこと。強いけど、カワイイ。そんなアンバランスさが人気の秘密か(笑)?

さて、この【13 Going On 30】は13才の誕生日に「早く30才の大人になりたい!」と願った女の子が本当に翌日目覚めたら30才になっていた…と言うお話。まあ一言で言うとトム・ハンクスの【ビッグ −BIG−】の女性版って感じですかね?あー最後泣けたなぁ、あの映画…(しみじみ)。

この映画で、ナチュラルな可愛らしさ満載のジェニファー。次世代のジュリア・ロバーツと言われるほどで、男性からも女性からも好かれる女優に育ちそうな予感ですな。

それはそうと予告編によるとジェニファー演ずる30代のティーンエイジャーは有名ファッション雑誌の編集者という設定なので、彼女の身に着けるファッションもかなり要チェックですよ♪

長くなりそうなので、このコラムはミニ・シリーズでお送りしましょう。

次をお楽しみに♪

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.