「検証」阪神・星野監督退任。

2003/10/29 04:22 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


なぜ2年間という短さで退団することになったのか。表向き「健康面の不安」を退団の理由として挙げていた星野監督なりが、コ○助を含めて阪神ファンの中にはその理由に懐疑的な見方をしていた人も多いようなり。なぜ、こんなにも早く退団を。そしてなぜ星野監督はあんなにサバサバしているのか。その理由をちょっと垣間見ることができる記事が出ていたのでご紹介を。

星野監督にドクターストップがかかった。これは8月に主治医から言い渡された事実のようなり。胃から出血し、試合中に嘔吐を繰り返すこともあったのだとか。星野監督は退任が明らかになったあと、しきりに「試合中に倒れてしまったらかなわん」といった趣旨の発言をしてきたなりが、それほどまでに体力的に限界に来ていたなりね。そして、星野監督の娘たちからも、涙ながらに監督を辞任するよう言われていたようなり。まあこれは仕方のない理由。

退任することが明らかになった後、盛んに言われているのが「なぜ情報は漏れたのか」ということ。日本シリーズ開幕直前という不自然なタイミングで明らかになってしまった退任報道。久万オーナーと星野監督の秘密の会談は10月初旬に行われたようなりが、この席で星野監督は辞意を申し入れていたなりね。この会談自体はごく数人しか知り得ないもので、絶対に外部に漏れるはずのない会談だったなりが、16日に、翌日発売の写真週刊誌の刷り上がりに会談の写真と、詳細な内容が掲載されていたことに衝撃を受けたのだとか。まあそりゃショックなりよねぇ。そして、この情報の出所は久万オーナーの親しい知人からだった、ということが判明。星野監督が愛想を尽かしたのも、容易に想像ができるなり。

ま、もうこうなってしまった以上、星野監督にはお疲れ様でしたと言うしかないなりが、いつも監督交代の際にゴタゴタしているあたり、やっぱり阪神らしいというか、なんというか。全く、なんの学習もしない球団なりねぇ(笑)。まあそんな球団のファンを27年も続けているコ○助も、おかしいというか、なんというか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.