前巨人の小野剛投手がイタリアプロ野球入り。

2003/03/27 05:05 Written by コ○助

このエントリーをはてなブックマークに追加


小野投手は2000年オフのドラフトで巨人に7位で指名された、まだ若い選手。首都大学野球リーグ2部で阪神の藪恵壹投手(東京経済大学)が持つ通算36勝を上回る37勝を上げた実績を引っ提げてプロ入りしたものの、昨年オフにわずか2年間のプロ生活に別れを告げていたなり。

巨人退団後、他球団や海外への移籍の道を模索。そしてつてをたどってパルマ(注:野球の球団)の入団テストを受けるべくイタリアへ。テストには合格し、契約寸前まで行ったものの最終的には契約には至らず、イタリア国内で移籍先を探していたところサンマリノというチームが獲得に名乗りをあげ、契約が成立したようなり。

イタリアのプロ野球はまだ歴史が浅いのでご存知無い方も多いかと思うなりが、他のスポーツのプロリーグ同様、野球もセリエAと言うなりね。レベル的には国際大会を見ても分かるようにまだまだアジアのプロ野球には遠く及ばないなりが、元近鉄の品田操士投手や元巨人の門奈哲寛投手らがプレーをしていたりして、今後日本のプロ野球を去ることになった選手の新たな移籍先としても注目をされているなりよ。なかなかお目にかかる機会は少ないなりが、機会があればぜひチェックを。

ちなみにこのサンマリノには法政大学からメジャーを目指していた南容道内野手も入団が決定しているのだとか。イタリアでプレーする選手がどんどん増えて、日本とイタリアの野球交流がもっと濃密なものになると良いなりね。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.