全日空のシステム障害で10万人が足止め。

2003/03/22 01:42 Written by コジマ

このエントリーをはてなブックマークに追加


システム障害が起こったのは21日の午前4時50分ごろ。復旧したのが午前7時15分というから、2時間半足らずで150便が欠航、300便が30分以上遅れ、10万2800人に影響したのだ。

これほど影響が出た理由は、3連休初日で利用者が多かったことイラク戦争を受けて手荷物検査に時間がかかった障害が起こった後にバックアップシステムに切り替えたがこれも停止した―ことが重なりあったため。ツイてないっちゃツイてないのだ。

手荷物検査といえば、ぼくがインドに行ったとき、出発日が丁度911テロの3日後だったため成田空港ではそりゃあ厳重な検査が行われていた。検査に1時間半かかり、飛行機は2時間遅れ。帰りは、現地でタブラという太鼓を買ったのだが、荷物検査の後、搭乗口の寸前で銃を持った警備員がタブラを開けろ、つまり金具で留めてある張皮を取れと言ってきた。ぼくはカタコトの英語で「何も入っていないのだ。それは勘弁してほしいのだ」と必死で頼み込んだらイブカりつつも見逃してくれたが、通りかかった乗客たちに「あいつ太鼓なんて買ってるぜ」「そのうえ捕まってるし」と笑われ、トホホな思いをしたのだ。

話が脱線してしまったが、今回の足止めがそのときの倍以上だったと思うと、被害に遭った人たちはとてつもなく気の毒なのだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.