駅弁を百貨店で売ってしまうそうです。

2003/02/21 03:17 Written by

このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、ストレス解消は食べることと買うことなエアロプレインです。驚くべきことに、JR東日本は駅弁を首都圏の百貨店で普通のお弁当として販売することにした模様です。駅や車内で買うから駅弁じゃないのか〜。

駅弁といいますと、僕が思い浮かぶのは「峠の釜飯」と「うなぎ弁当」ですねぇ。あの、車内で食べるのが良いんですよね。電車の子気味良い振動のリズム、音、景色、そして乗り合わせた人の気配。全部あってはじめて「駅弁の味」を出せると思うんですけどねぇ・・・。日本情緒がまたなくなってしまう。

峠の釜飯で思い出したんですが、神奈川県に展開しております「相州鳥ぎん」の釜飯は凄く美味しいのですよ。注文してから炊き上げてくれるのですが、これがまた。関東の方は是非行ってみてください。釜飯を炊いている間に食べる焼き鳥と日本酒も、また非常に美味なのでオススメです。別に回し者(笑)じゃないんですけど、正月早々ちょっとしたカルチャーショックを受けるぐらい美味しかったもので、つい。

で、そう、駅弁です。駅弁を「味」だけで評価する時代がきてしまったら、それはそれでなんだか悲しくなっちゃいますね。うーん、JRも大変なんだろうけど、これはなぁ。でも駅弁が消滅するよりはましだろ、と言われたら言い返せないし。とりあえず、駅弁の終着駅はまだ暫く決まらないみたいですね。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.